妊娠線が出来る原因とは

| コメント(0) | トラックバック(0)

妊娠線ってどうして出来るのでしょう。
その原因として

・遺伝によるもの
・ホルモンバランスが原因
・お腹が大きくなるにつれて皮膚が引っ張られることにより
 限界を超えてしまって妊娠線が出来てしまう
・急激に大きくなったり伸びた時に出来る

という事が上げられます。
妊娠線って身体のどの部分に出来るかご存知ですか?
妊娠線は主に下腹部や横腹、足の付け根、胸などに
出来やすいんですよね。
これらの箇所はホルモンが多く出るのでコラーゲンが
少なくなってしまうからなんだそうです。
今、非常に注目されているプラジェントラには
一般有毒成分が使われていないという事が立証されて
入るため、プラジェントラが原因でお腹の赤ちゃんへの
発育や奇形を及ぼすという心配をすることはないそうです。
妊娠線予防だけでなく保湿用として日常的に
あらゆるシーンでお使い頂けます。
身体に害がないので安心してご使用下さいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.firetown.org/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

このブログ記事について

このページは、ゆめが2012年1月31日 15:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大人気エステティックサロン・エルセーヌの口コミと評判について」です。

次のブログ記事は「冷凍お惣菜についてのおいしっくすの評判」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。